軟膏を一ヶ月ほど塗り続けた


私の場合、脂漏性皮膚炎になっていると分かったのは皮膚科を受診した時でした。
それまでは、ただ頭皮(特に前髪の生え際と襟足部分)が我慢できないほど痒い状態が続いていました。

一番の悩みはぽろぽろと頭皮の皮膚がフケのように剥がれ落ち、髪の毛が薄くなっていくことでした。
前髪を掻き上げると髪の毛の根元付近に粉雪のように剥がれた皮膚が溜まって、見た目も悪く人と会う時に不衛生な印象を与えてしまうのでとても困りました。
自宅で紅茶やコーヒーを飲んでいる時も飲み物の水面に皮膚が落ちてくるので、徐々にノイローゼのようになってきました。

女性なので身支度に気を使っているのに、自分の意思とは関係なく不衛生な感じになってしまい本当に惨めな気持ちになりました。加えて頭皮をかきむしるので頭皮にかさぶたが絶えずできてしまい、かさぶたを剥がすと髪の毛まで抜けてしまう状態。髪の毛のボリュームもなくなってしまいました。

最初は自宅でのケアを手厚くして乗り切ろうとしました。市販されている頭皮に優しいシャンプーを使って毎日髪の毛を洗って清潔にしましたが、改善するどころか乾燥がさらにひどくなりました。
もう自分ではどうしようもできないところまできて、皮膚科を受診したところ脂漏性皮膚炎と診断されました。
それまでいろいろなことを試しては挫折しての繰り返しだったので、病面が出てむしろほっとしたのを覚えています。

病院からは頭皮に塗る軟膏とローションを処方され、食生活を改善するようにとアドバイスがありました。
軟膏を一ヶ月ほど塗り続けた結果、頭皮の痒みがおさまりました。また並行して添付していたローションで頭皮に潤いが与えられたようで炎症も消えました。
今はローションのみを使い、食生活に気をつける生活をしています。

基本的には飲酒を控え、刺激物(極端に脂っこいものや甘いものや辛いもの)を食することをやめています。頭皮に余分な脂が浮いてくるような状況を極力作らないように努力しています。