頭皮の皮脂を抑えるシャンプーの選び方


シャンプーをしても痒みやフケが治まらない

皮脂分泌量が増えてしまうと必然的に毛穴が汚れ、頭皮に痒みやフケを発症してしまいます。

しかも当の本人は痒みフケを防ぐため、毎日シャンプーをしているにも関わらずです。

しかしいったい何故、意に介せず頭皮に痒みやフケの症状が起こってしまうのでしょうか。

実はその原因として、毎日使っているシャンプーに問題があるのです。

ということでこの項では、頭皮の皮脂を抑えるシャンプーの選び方について触れてみたいと思います。

アミノ酸系シャンプーを使用しよう!

頭皮の皮脂を抑えるには、何といっても毛穴汚れの原因になる成分が配合されていないシャンプーを選ぶことです。

それでは、私たちはどのような成分を含むシャンプーを選べばいいのでしょうか。

「毛穴汚れの原因となる成分=洗浄成分や添加物の配合」

まず、選んではいけないシャンプーは合成シャンプーが挙げられます。

何故なら、合成シャンプーには刺激の強い洗浄成分が配合されているからです。

また、添加物が配合されているシャンプーも選んではいけません。

何故なら「シリコン/着色料/香料」といった添加物を過剰に配合しているシャンプーは、毛穴を詰まらせたり頭皮環境を悪化させる可能性があるからです。

当然のことですが毛穴が詰まってしまうと、頭皮に痒みやフケを引き起こすことになります。

そこで、もっとも良いとされているのがアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは頭皮への刺激が弱いため、毛穴が詰まらないだけでなく皮脂を気にする必要もありません。

このように、アミノ酸系シャンプーなら毛穴もスッキリケアすることができるのです。

皮脂の有無=負のスパイラル

私たちは、つい洗浄力が強い(皮脂をゴッソリ洗い流す)シャンプーを選びがちになります。

しかしそうした合成シャンプーを使用して必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、逆に身体が反応して皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

「頭皮にとってある程度の皮脂は必要で、必要以上に皮脂を洗い落とすことは負のスパイラルに繋がる」ということです。

もしみなさんが毎日きちんとシャンプーをしているにも関わらず痒みやフケがおさまらなければ、アミノ酸系シャンプーに替えてみてください。

脂漏性皮膚炎のおすすめシャンプーと治療法